相模湾のカツオ・キメジ フカセ釣り

初夏の相模湾でアドレナリン全快ファイトになる釣り物ですネ〜😆

去年は新型コロナ感染症対策で釣行自粛して居たので、カツオ・キメジ フカセ釣りには行っていません😅

結構、強引な引き応えで食べても美味しいカツオにキメジ(キハダマグロの子供)!
カツオ・マグロのコマセ釣り解禁は8月なので6月下旬〜7月はルアー釣りか、生きイワシのフカセ釣りとなります。

8月からはコマセ釣りです。

1. 事前準備

1-1. 船宿

<宮川湾 二宮丸>2006年からもう14年、釣り友と定宿になってますが、このところ、夏場は1年前に予約を入れないと取れません。カツオ・マグロ釣りは得意中の得意、船長の目と感が鋭く良く、夏から秋は毎日、仕立て予約が入っている船宿です

釣り情報2021/8/1号 31page より引用

その他にも葉山あぶずり港、佐島港、長井港から出船しています。

釣り情報2021/8/1号 28page より引用

1-2. タックル

カツオ・マグロ用ルアーフィッシングのスピニングロッドにリーダーを直結します😎
針の結びは南方延縄結びが好きですネ🤔

釣り情報2021/8/1号 29page より引用
釣り情報2021/8/15号 43page より引用

一本釣り用タックルはこれ以外使い道が無いので船宿で借りましょう😅
二宮丸では毛鉤の一本釣り竿を無料で貸してくれます。

釣り情報2021/8/15号 43page より引用

1-4. その他釣り道具

カツオが何本か釣れた場合には30~40リットルの大き目のクーラーが良いでしょう。キハダマグロも入るやつが良いなと思ってましたが、船宿で2,000円で解体してくれるので切り分けようのビニール袋を持って行けば良さそうです。家で解体したい場合用にキハダマグロ保冷バックは買いましたが…

シマノ スペーザ ベイシス 350 キャスター付(UC-135M)を退職祝いに頂いて使っています。ちょっと重たいですが、水抜きキャップも簡単に開いて港に着いて水を抜くのに便利で、引っ張り取手も付いてキャスターでゴロゴロ、港での移動は楽ちんです。水を抜くと軽くなるし、車で帰る時にローリングしても水がパシャパシャ、荷台をビショビショにすることもありません。蓋ロックも付いてます。保冷力はとても良く、翌日いっぱい氷が残って居ます。


キハダマグロのエラ蓋にリングがハマると、おとなしくなると言うマグロリングも買ってあります。まだ使ったことがありませんが…

2. 実釣

2-1. 船宿

活きイワシのフカセ釣りの場合は船長がイワシを買いに行ってる間、港で待つことがあったり、港を出てからイワシを買い付けに行ったりします。

2-2. 釣り座

活きイワシのフカセ釣りは左側でイワシを撒くので船の先端から左側で1本釣りをするか。右側でフカセ釣りをすることになります。左側は散水しながらだとビショ濡れですネ。

釣り情報2021/8/1号 29page より引用
釣り情報2021/8/1号 29page より引用

2-3. 釣り場

昔からカツオは小田原沖が多いように思います。キハダマグロの初期はカツオの群れについていますが、後期のキハダマグロ狙いは相模湾奥全般ですネ。西は真鶴半島沖まで走ったことがあります。徐々に東寄りの城ヶ島沖に居る時もありました。

東京湾と相模湾

東京湾と相模湾の釣り宿

2-4. 誘い方

生きイワシをバケツに3〜4匹入れて、エサ付け準備です。

釣り情報2021/8/1号 30page より引用
釣り情報2021/8/15号 43page より引用

船長がカツオ・キメジの群れを鳥山か、魚探で発見すると、船長か仲乗りさんが生きイワシを撒いてカツオ・キメジが撒き餌をガバぁと取れば、釣りスタートです。シラスなどを食べている群れは生きイワシに反応しませんので移動ですネ😎

エサに手の体温を当てないようにバケツの水中でエラ掛けに素早く付けて海中へ投入します。

イワシが元気に斜め下方向、前に泳いで行けばOKです😎
フラフラしていたり、戻って来るヤツは即、交換ですネ😅

眼下の海中では青く閃くカツオが踊りまくって居るのが見えます!

釣り情報2021/8/15号 44page より引用
釣り情報2021/8/1号 30page より引用
釣り情報2021/8/1号 31page より引用

二宮丸の一本釣りは毛鉤を散水している水面下50cmくらいをスイーっと泳がせてカツオ・キメジに食わせる釣りです。
職業カツオ一本釣りと同じですネ😎

釣り情報2021/8/15号 45page より引用

2-5. 取込み

カツオは、ものすごく暴れるので船でお祭りにならないようにドラグガチガチで強引に引き上げる感じですかねぇ😎

キメジはドラグ緩めで少し走らせて止まったら合わせて口に掛かればOKのようです。

3. 片付け

やはり釣れたてのカツオは素早くエラを切って桶の流水に浸けて血抜きして置きたい😆
一本釣りでバンバン釣られると血抜きをしている暇が無いが、なんとか船の移動中に素早く血抜きしたい。
船によってはサメが寄ってくるので血抜きさせてくれないところがあるが、言語同断だ!船の移動中に血抜きすればサメも来ないだろう🤔

血抜きしたカツオはピンク色した甘い身になるのでスーパーで売っている、どす黒い血の味がする赤身と一味も二味も違うょ😎

釣り情報2021/8/1号 5page より引用

3-1. 釣り道具洗い

風呂場で竿、リール、カッパ、バックなどなど全ての潮を水で洗い流してベランダで乾かして置きます。
クーラーボックスは魚のヌメリがあるので食用洗剤で洗って流します。
リールを洗う時はドラグを締めて洗い、乾かす時にはドラグを緩めて乾かして置きます。

3-2. 魚捌き、保存方法

カツオは足が早いのでその日に捌きたいものですネ😎

キハダマグロは氷漬けで1日置いた翌日捌くのが旨味が出て美味しいですネ😁

3-3. 料理

釣りたてで血抜きした生カツオの刺身はピンク色で甘く、しびれる辛さのおろし生にんにく🧄、たまり醤油で食べるのが大好きです😆
キハダマグロの生の刺身もとても美味しく、うちのかみさんの大好物です。

いっぱい釣れた時にはタタキやカルパッチョ、醤油煮などなど良いですネ。

まとめ

フカセ釣りは浮いている群れを探して散水で足止めしながら生きイワシを食わせるので船下に青くきらめくカツオの群れが踊りマクリます😆

とても綺麗で感動的な海面下を見ながら、イワシを泳がせるとイキナリ竿が突っ込みます。

強引な、やり取りを制してパンパンに太ったカツオを取り込むとヨダレ🤤が出ます...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。