ネット自動車保険始めました、意外と簡単で42%削減<2019/12/16(月)>

自動車保険はグループ会社が保険代理店をやっていたのでお任せ契約してきたが、
定年退職し、縁も無くなりネット契約をやってみました

ネット一括見積りをやって見た、2020/1月~契約分<2019/12/11(水)>

何社も見積りを取って比較するのに各社毎のホームページに見積条件を入力するのが面倒だったので
価格.com自動車保険一括見積りサービスで見積り条件を次の7社に送信してもらいました

  • チューリッヒ
  • 三井ダイレクト損保
  • ソニー損保
  • アクサダイレクト
  • イーデザイン損保
  • セゾン自動車火災保険

当日か翌日にはメールで、1週間以内には郵便ハガキで見積り結果の案内が来ました。

ネット自動車保険1年目、意外と簡単で42%削減<2019/12/16(月)>

ネット自動車保険は始めてなので大手のソニー損保での年額20,770円(1回払)で下記条件でネット契約しました

ソニー損保 役所広司と内田有紀

今までの保険会社の次年度見積額は年額35,760円(12回払)だったので14,990円の42%削減でした。ビックリです!

  • 20等級、主に家庭用、走行距離区分 7,000km以下、年齢条件30歳以上、運転者限定しない
  • 対人賠償:無制限、対物賠償:無制限、人身傷害 5,000万円(車内)、搭乗者傷害 1,000万円、無保険車障害:無制限付き
  • 車両保険無し、個人賠償特約:1事故3億円、インターネット割引10,000円、証券レスペーパー割引500円、無事故割引
  • ロードサービス、セコム駆け付けサービス
  • 料率クラス 対人6、対物5、傷害7

ネット自動車保険1年目に初物損事故、対物保険適用しました<2020/11/17(火)>

マンション機械式駐車場のパレット側面の立上り部分に入居6年目にして乗り上げて故障させてしまった。

My Car

以前のマンションは平置き駐車場だったので、駐車ブース前面空地も広く左右のバックミラーを見ながら楽にバックして駐車できたが、今住んで居るマンションは機械式駐車場だ。前面空地も少なく、隣の駐車パレットとの間に歩廊パネルがあるうえに、パレット側面には立上り部分があるので実際に車を入れるスペースは狭くなった。駐車パレットには柱が付いており、バックミラーを畳まないで入れるとブツかってバックミラーを破損したことがある。バックミラーが使えないので運転席から身を乗り出して右後ろを確認しながら、駐車パレット縁の立上り部分にタイヤを擦りながら入れていた

ブレーキ踏み間違え

パレット側面立上り部分にタイヤが当たりそうだったのでブレーキを踏もうと思った時、体をヒネリっていたのでブレーキに置いていたと思った右足が右にずれてアクセルを軽く踏んでしまった思いっきり、ドンと立上り部分に乗り上げてしまった。前に出して再入庫したが、次の方が操作したところ、アラームが鳴って機械式駐車場が停止してしまった。

メンテナンス会社を呼んで点検修理してもらったが、「吊りチェーンボルトの破損」とのこと。1次対応費16,500円と本復旧工事121,000円で137,500円をソニー損保の対物賠償保険で支払いした

ソニー損保の対応はとても良かった

自動車保険を使ったのは初めてだったが、ソニー損保の事故受付専任担当の方からは電話とお手紙で丁寧にご案内頂き、次年度以降の保険料シュミレーションも頂いた。3等級下がって保険料も上がるので3年間で33,000円高くなるとのことだったので対物賠償保険を使うことにしました。ソニー損保の担当にマンション管理会社の担当を紹介すると全て処理してくれたので手間が無く良かった。「3等級ダウン、次年度ノンフリート17等級、事故あり係数適用期間3年」との報告がありました。
ソニー損保の対応はとても良いと思いました。

その後は

前面空地で何度か切り返して車を駐車パレットに真っ直ぐにしてから、バックミラーを畳んでも体はひねらないように注意してバックしています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です