悪性リンパ腫、完全寛解後3年半、定期検診⑥〜⑧ OK😎

定期検診⑥ 完全寛解後2年半経過 OK<2021/4/19(月)>

<2021/4/12(月)>10:00 CT検査、採血採尿

<2021/4/19(月)>10:00 Mu先生診察

検査結果問題ありません。以前の主治医Ma先生はがん研究有明病院に異動されましたが、(転院の)紹介状を書きましょうか。』と丁寧にご案内頂いた、既に多くの患者さんが転院されたとのこと...

地域医療連携と、がん研究センター中央病院のチームワークで救われ、とても気に入っているのでこのままお願いします。』と半年考えた結果をお伝えしました😉

主治医だったMa先生の検査判断、治療方針、抗がん剤選択が的確であったことで完全寛解したと思うのです。また地元クリニックのHK先生、地元総合病院のH先生、地域医療連携で行き着いた先のがん研究センター中央病院の多くの先生、検査技師、看護師の方々にご尽力頂いた結果だったのでこれより先は無いなと言う感じです😎

国立がん研究センター中央病院 玄関ホール

定期検診⑦ 3年経過 OK <2021/10/25(月)>

<2021/10/18(月)>13:30 CT検査、採血採尿

<2021/10/25(月)>10:00 I先生診察

新しく入った女医さんI先生

CT検査等問題ありませんがんが再発した場合は私達が全力で直しますから、それ以外の健康診断をしっかりやって下さい。』

なかなか心強い言葉を頂いた😄

定期検診⑧ 3年半経過 OK <2022/4/25(月)>

<2022/4/18(月)>15:30 CT検査、採血採尿

<2022/4/25(月)>10:30 I先生診察

CT検査等結果、問題ありません寛解後5年は半年に1回、CT検査をし、10年までは定期診察しますが、年齢的にそれ以外のことがあるので健康診断をして下さい。』とのことでした。

まとめ

2018/1/23に発病し、1/30-2/6地元のクリニック受診(小腸がんの疑い、転院紹介)、2/7-13入院 地元の総合病院(小腸がんor悪性リンパ腫の疑い、閉塞部分の小腸切除とリンパ節サンプリングか、転院紹介)、2/14 がん研究センター受診検査と地域医療連携で素早く紹介、転院させて頂きました

2018/3/5 病名「びまん性大細胞B細胞リンパ腫」、進行期「スタージ4」と診断結果が出て、3/7治療開始し、半年間8クールの抗がん剤治療で無事、9/10完全寛解でした。

2022/4/25 完全寛解後、3年半、無事に問題なく経過出来ました😆

皆様、ありがとうございます😂

自分の為には「地域医療連携」を素早く、判断主張して、連携して頂きましょう。
日本の医療機関の地域医療連携は良心的に機能していると感じて居ます😎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。