お酢のチカラでお風呂の石鹸カス・湯垢除去

2004年竣工、入居から、気が付くと、お風呂の水栓金具やシャワーヘッドに白い水垢がこびり付いていた。洗面器や椅子、湯舟の外側や扉内側の下端も白いザラザラした石鹸カス・湯垢や黒カビがこびり付いている

ある時、ホームセンターのコーナンで「お酢のチカラ お風呂用ティンクル」を買ってみた。
ザラザラした白い石鹼カスや湯垢・黒カビ、ピンク汚れにスプレーして数分放置。風呂洗いブラシで擦って洗い流すと少し取れた。これをお風呂洗いの度に何回か繰り返すと、つるつる綺麗になってきた。すごい😄

お風呂用 お酢のチカラで綺麗になった
お酢のチカラで綺麗になった水洗金具と風呂桶・椅子

隙間シールの黒カビは「カビキラー」、ピンク汚れは「バスマジックリン」と日によって使い分けています。

【水垢】アルカリ性の汚れ。浴室の鏡についたうろこ状のもの。
【湯垢】酸性の汚れ。触れるとザラザラした感触のもの。
成分表に金属封鎖剤(バスマジックリン等)またはキレート剤(お酢のチカラ等)と記載されている浴室用の洗剤であれば水垢でも湯垢でも同時に落とす事ができます。水垢・湯垢汚れの原因となる分子同士の結び付きを弱めることができ汚れを落とせるんですよ!水垢・湯垢予防での注意点:浴槽に直接、浴室用の洗剤を噴きつけ5~10分程時間をおいて柔らかいスポンジでやさしくこすってくださいお湯をかけた後に洗剤を噴きつけて、こすり洗いをするのは△むしろ、お湯が邪魔をして洗剤の効果を低下させてしまうので、やめましょう!

水垢と湯垢は違う! 【汚れ別】浴槽の掃除・予防法 – くらしのマーケットマガジン

お風呂場にはカビだけでなくヌルヌルとしたピンク色の汚れも発生します。この汚れはカビではなく酵母菌の一種なのです。一度掃除しても水気や湿気があれば再び繁殖してしまいますので、お湯や塩素系漂白剤を使用して発生源から綺麗に除去してしまいましょう

【ピンク汚れに注意!】掃除と予防方法について解説!|奈良県の賃貸なら【賃貸のマサキ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です