電子レンジ 寒くて起動しない時はオーブン加熱すると起動する 越冬2年😏 2022.3.10(木)

2年前から寒い冬場に電子レンジ Panasonic NE-M262 (2009年製)がブーンと言っても直ぐ止まり、温め起動出来なくなりました。起動する時もありnet検索すると『室温が低くなり温めようとするものの温度が低いとセットしてスタート(スイッチオン)しても作動しません。』とありました🤔

オーブンは起動するので試しにオーブン加熱(170℃で5分とか)してから、電子レンジを起動するとOK、温められます!😎

さらに寒い時は電源も入りませんが、オートパワーオフではなく扉を開け閉めしても電源が入らない...

これで越冬2年してしました😏

やはり部品(コンデンサ)交換しようかと言っているとぉ、今日はオーブン加熱しないで電子レンジ起動出来ました。室温26℃<2022/4/6(水)>😆

オーブン170℃で5分程度、温めると電子レンジが起動する

コンデンサー購入<2020/2/16(水)>

電子レンジが起動しなかった時に色々、net検索すると

リレー基板と言われる電源部分の故障。C10 470mF 16V 電解コンデンサ不良。(膨張・液漏れ)
12Vの平滑用と思われるが、12Vの平滑用に16Vの耐圧とは...25V470mFに交換。正常作動。

価格.com – 『症状:電源が入らない・スタートするとすぐに止まる。』 パナソニック エレック NE-M263-HS [グレーシルバー] のクチコミ掲示板 より引用

とありましたので全く起動出来なくなったら修理しようと直ぐにAmazonで 日本ケミコン アルミ電解コンデンサー 16V 470μF(105℃品)を480円で購入しました。net検索では25Vが良いようでしたが、日本メーカー製なら良いかなと現状と同じと思われる16Vにしました。

パナソニック NE-M262 電子レンジ修理
2010年製 電源入らず・・・パネルの裏に電源基盤あります。(部品名:リレー基盤)
スイッチング電源部のコンデンサ(C10)が膨張・液漏れしてます。

「パナソニック NE-M262 電子レンジ修理」イソップのブログ | VVVV! – みんカラ より引用
「パナソニック NE-M262 電子レンジ修理」イソップのブログ | VVVV! – みんカラ より引用

寒いと不調というのは、一時期のPCによくあった故障モードで、電解コンデンサが低温時に内部の活性度が悪くなり、すでに容量低下とESRの増大しつつある場合に起き易い症状に酷似しています。基板をよく見たら470uF/16Vの電解コンデンサの頂部が膨らんでいるではありませんか。電源回路の12Vラインの平滑用に使われているものでしたがJamicon と印刷されており国産品ではありませんでした。

今回、使った電解コンデンサは本来のものと静電容量は同じ470uFですが、耐圧が35Vと2倍余り高く、電解コンデンサの活性度を長く維持するには高過ぎないものを使う方が無難です。でも、この程度の高さは特に問題になりません。そもそもオリジナルの車用のフィルターも12Vラインに使っていたくらいです。本来なら正規の部品で修理すべきでしょうが、Jamicon製の電解コンデンサに私は良い思い出はなく寧ろ、今回代用した国産のものの方が良いだろうと思う次第です。

高機能電子レンジ修理 より引用

net検索では『加熱する為のマイクロ波を発生させるマグネトロンは危ない。内部に高圧電流が流れるところ(高圧コンデンサ?)があり、感電すると最悪死亡する。レンジ内はコンセントを抜いても6000Vが帯電していますからエンジニアではない方の修理は命に関わります。』とかあり、ちょっとバラす気がしなくなりました🤔

Panasonic NE-M262 (2009年製)の回路図

最終的使用時のチャージが残っている可能性は時間がたてば薄くなりますが念のためにテスタで電圧を測って数100Vでも残っていたら〜10kΩ20W程度の抵抗にワニグチクリップコードを付けたものを電源コンデンサ端子につないで数十秒放置すれば感電は防げます。その後、再度電圧計で確認して残っていなければ即分解作業OKです。

電子レンジを分解する際の放電 – 通電してからどのくらい時間を置けばい… – Yahoo!知恵袋 より引用

今後どうするか

「電源オフして2〜3日後、コンセントアースを抜いて絶縁手袋で分解、マグネトロン高圧コンデンサには絶対さわらないようにしてリレー基盤の小さいコンデンサが膨れているようだったら交換する」の手順でやろうと考えてましたが、やはり高圧コンデンサを放電させた方が安全だけど放電させたことが無いのでどうおしようかなと思っているうちに2年越冬してしまいました😥

修理した場合は既に保証がないので基盤部品代・出張費・消費税で1.5〜2万円のようです。

一般的に電機メーカーで補修部品を保有している期間は製品本体の生産完了から8年までとされており、購入してから10年以上経過している電子レンジの場合、買い替えを検討した方が良いようです。

補修用性能部品の保有期間 | 修理のご相談・お申し込み | サポート(個人のお客様) | Panasonic を見ると電子レンジは8年となっています。

次は加熱水蒸気オーブンレンジかな😉 上さんはまだこのままで良いと言ってくれてますが...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。